めっさ古いSR400に乾式クラッチ組み込み9

ヘッド回りの加工と部品交換が終わったので組み立てていきます。

フライホイールの合いマークとカムのアイマークを合わせて組みます。
なんやかんやでこの作業、久しぶり。

キックインジケーターはアルミですが、ゴムパッキンと一体化しているので新品交換しました。

腰上は難なく組めました。

その他、オイルシールを全部交換します。
クランクシャフトサイド

特にスプロケットのところのオイルシールは漏れ漏れでチェーンに自動給油する装置になってしまっていました。

クラッチのとこ

チェンジペダルのとこ

ほぼ全部オイルシールとパッキンは換えました。
カムチェーンテンショナやヘッドのタコメーター取出しのところのシールも換えました。
クラッチカバー側のシール類の交換は乾式クラッチに改造するのでカバーの溶接と機械加工が終わってからです。

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。
  • アマゾン

1 thought on “めっさ古いSR400に乾式クラッチ組み込み9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です