GAGをビモータSB6レプリカに_GAGを50mmロングストロークかつセル付きにする方法15

クランク、ジェネレーターカバー、
数々の問題をクリアして、6速ミッション搭載セル付き50mmストロークエンジンが出来ていっていますが

クラッチのワイヤーを取り付けるとことセルモーターが当たってクラッチカバーが入らなかった。

なのでコンターでちょん切りました。

 

これで、セルモーターに当たるところは無くなり、カバーがはまりました。
オフセットクラッチワイヤーブラケットを作ることにします。
ケースのボルトと伴締め方式にしたいと思います。

そういえばこのGAGのプロジェクト、車体が無い状態で始まったのでクラッチワイヤーとか小物類が無い。この↑のクラッチワイヤーは中井GAG(誰か分からないと思うけど)の物をガラクタBOXから探してきたもの。
↓写真右のゼッケン8が中井GAG。因みに左はウチのサビサビタンクNSR50ぼちぼち、ハーネスとか小物部品を買い揃えよう。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です