カテゴリー別アーカイブ: KSR110

KSR110、KSR1,2用のステムキット、発売しました。

KSR110、KSR1,2用のステムキット、販売を開始致しました。

素材
ステムシャフト・・・A7075
アンダーブラケット・・・A2017

 

純正のハンドルロック使用可能です。↑

裏面の肉抜き↑
重量はノーマル(鉄製)1484gに対し、本商品はジュラルミンを使用することで752gと約半分の重量に仕上がっております。

クランプ幅は
クランプ幅ノーマル25mm、本商品29.5mm
クランプボルトはノーマルM8ボルト1本のところ、M6ボルト2本にてがっちり固定しています。

ベアリングはボトムレースのみ圧入済みで付属

ヤフオクで販売しております。

こちらをクリックしていただきますと商品ページにジャンプ致します。
よろしくお願いいたします。

 

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

GAGをビモータSB6レプリカに_KSR用ステムの製作3

KSR用ステムキットの製作。(これをGAGに取り付けます。)
本当は232mmの板が届き、そのまま加工出来るはずだったのですが、
2232mmの材料を頼んでしまったので申し訳ないが、30mmも厚みがある板を、
コンターで切ってもらい、生産を進めてもらいました。
無論、誠意を持って謝罪しました。

純正の25mmに対し、厚みが30mm近くあるので、フォークをクランプするボルトは純正のM8ボルト1本から変更し、M6ボルト2本でガッチリ止めています。

材質は
アンダーブラケット・・・A2017
ステムシャフト・・・A7075
を使用しました。

ステムはロングドリルを通し中空。
ハンドルロックの溝を掘り、ちゃんと純正のハンドルロックを使える構造としました。角度を合わせる必要があるので、ちっちゃいキーを入れて角度を合わせています。


さすがジュラルミン。純正の鉄に比べるとめちゃくちゃ軽く仕上がりました。
裏の肉抜きは徹底してごっそりやっています。ほとんど肉を取ってしまっています。


重さ比較。
純正↓
1484g(秤ひとつじゃ重量オーバーで量れなかった)

ウチの製品↓
752g
半分!

一応こちらも秤2個で確認、ちゃんと電子天秤1個で量っていた時と合っていたのですが、片方がテカッて見えない。すみません。

ちなみに。
純正の裏側。結構肉抜きされています。恐らく鍛造製でしょうね。

ビモータSB6レプリカのトップブリッジと合わせるとこんな感じです。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

GAGをビモータSB6レプリカに_KSR 用ステムの製作2

GAGのビモータレプリカ用、とKSR用のパーツとして発売するために、
アンダーブラケットの材料を手配しましたが、

ひと桁間違えて発注してしまった。マジでやってもうた。
232mmところを、2232mmで発注してしまった。
何回メールを見直しても2232mmだ。

びっくりするほど長い厚み30mmのアルミが大量に届いていた。

マジか。
確かに全部売れるとしたら、一個分は安くなるけども。
ステムシャフトの在庫分の14個作って完売したら終了にしようと思っていたのですが、継続生産しなさいということなのですかね。

作業場の入口を塞いでいるこの超ロングの材料を眺めつつ、私の脳内ではこの曲が流れていました。大概、こういう状況ではこの曲です。

ショック。

まあええけど。
ということでこのステムキットの重さの件は更に次回。すみません。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク