めっさ古いSR400に乾式クラッチ組み込み4

このSR400、過去盗まれかけたのか、何なんか、メインキーがやられていました。

なので、前から買っていたメインキー、タンクキャップ、メットホルダーの3点セットを付けようとしたのですが、メカ的にはメインキーとタンクキャップはメカ的に付いたものの、

メインキーはカプラーが違っていて付かない。
これ多分GX250とかのポイント点火の物ですね。CDI点火とポイント点火はONOFFが逆です。
CDIは点火コイルをショートさせて点火を切るので接点ONでエンジンが止まります。

旧SR400用のキーセットを買い直していると金額が上がってしまうので、
この鍵はこのまま使い、リレーをかましてONOFFをひっくり返すことにしました。
次のオーナーがちゃんとした純正の鍵に変えたくなった時にはすぐに換えれるよう、カプラーオンで。

純正と同じ形状のカプラー、車載用リレーはアマゾンで探したら普通に1個だけ入手できました。ひとつ数百円でした。
無事カプラーオンで接点のONOFFをひっくり返せました。
この写真に写っている台形のカプラーひとつだけが発見できなかったのでどうしようかと思っていましたが、中の端子だけ、モレックスの端子を買ったら合いました。ガワは再利用。

ヘッドライトバルブのソケット、ウインカーリレーもカプラーごと交換しておきました。

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。
  • アマゾン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です