GAGをビモータSB6レプリカに_足回りの設計8、オーリンズのリアサスリンク

こないだここまで出来けどリアホイールの回転方向が逆だったので、直して
オーリンズのリアサスと合体しました。

 

現状リアサスが合体してこのような感じになりました。

SB6ってこういう風に水平にリアサスが取り付けてあるのですが
(ネットから拾ってきた画像です)

それも再現したいのでリンクの機構を観察しました。
これはウチで撮影↓

NSR50と同じ硬さになるようにリンク比を考えて設計したいと思います。
けどリンクが付くのでNSR50より初動柔らかく、奥で粘るリア周りになると思います。

因みにスズキGAGはこんなバイクです。↓

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

GAGをビモータSB6レプリカに_足回りの設計8、オーリンズのリアサスリンク」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。CAD上で部品が組み上がっていくのは見ていてすごく楽しいです。今後の展開も楽しみにしています。

    1. ありがとうございます。
      今月(12月)でフレーム、足回りの設計はカタを付けたいです。
      まだ入手していない部品、(リアキャリパー等々)を選定して一覧をメールしていますので、確認お願いいたしますー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です