GAGをビモータSB6レプリカに_GAGを50mmロングストロークかつセル付きにする方法12

GAGのクラッチバスケットのダンパーゴムがヘタっていたので、GS50用を流用して組みます。

違いは以下
↓GAG用、カラー2つとワッシャー1つ

2016_04_25 011

GS50用↓、ツバ付きのカラー1つで中心から出てきているボスが高い。

2016_04_25 010

部品構成は違いますが、両方とも組んだら同じ位置になります。
これをメインシャフトに組み込み、クラッチ板を組んだらクラッチスプリングの取付け。
パーツリストによれば部品はこれだけですが。

2016_04_25 008

なぜか、外して置いてあった部品達を見るとワッシャーが1つ多い。多分これは、スプリングの下に敷いてプリロードを掛けて強化クラッチスプリングにするパーツだと思ったのでそのように、組み付けました。

2016_04_25 007

ここまで組めた。

2016_04_25 006

そして次はクラッチカバーのオイルシール類の交換。
まあこれはキックシャフト、クラッチのレリーズのとこ、クランクシャフトへのオイルラインの3つを普通に交換するだけなのですが、クランクシャフトへのオイルラインの所のオイルシールの色が変わっていました。一瞬品番間違えたのかと思った。多分ニトリルゴム製のものがフッ素ゴム製になって耐久性が向上したのでしょう。

2016_04_25 005

そして、やっとカバーを閉じれる段階になりました。

2016_04_25 003

しかし。
2016_04_25 002セルモーターとクラッチワイヤーの取付部が干渉する。あらら。
切り落として移設しないと付かない。
これは気付かなかった。

 

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

GAGをビモータSB6レプリカに_GAGを50mmロングストロークかつセル付きにする方法12」への2件のフィードバック

  1. セル付きの4MINIにしたくて同じスズキ系であるGAG+セル付きバーディの合体となったのですが、もうすべての部品に手を加えたことになってしまいましたね。BLOGを見ていて楽しんでいますがひとつひとつの部品の加工はめちゃくちゃ大変そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です