月別アーカイブ: 2018年12月

OLIGHTを使ってみた結果。

このOLIGHTっていう、ペンライト。 

何ヶ月か前から使ってますが、LEDの前にインテグレーターレンズみたいなのが設置してある。 
お陰で照射がマイルドなんですね。 
ダブルクリックで照度ブースト、 
トリプルクリックで点滅、 
長押しで実用域の照度3段階変更、 
っていう操作も誤動作が無くてめっちゃいい。 

充電中は充電器の線の付け根が赤くなり、終われば緑になります。

リチウムイオン電池をUSB充電で使えるし、ケツに磁石付いてて何処なとくっつけれるし、今のところ整備とツーリングにはこれが最強。 
ペンライトなんてマグライトで十分。新商品入る余地無しと思ってましたが、もうマグライトは使う気になりませんな。 

https://olightworld.com 

ここ数年、こういう電池駆動小物の世界では、 
USBとリチウムイオン二次電池を組み合わせたものが電源のスタンダードになってきてます。 
それが成熟しつつあるので、充放電ユニットがICパッケージ化されてます。 
作り手からすると、ややこしい充放電回路をを開発せんでもok、かつ意味わからんぐらい小型、安価になってきてます。 
そこに記憶媒体が磁気を使わなくなってきたので磁石の使用が可能になってきてるんすよね。 
フロッピーとか、カセットテープなんてもう無いですもんね。ハードディスクすら無くなりつつある。 

USB、リチウム二次電池、磁石。 
これらを使って、今、既にある道具の劇的改良を色々考えてみたら面白いかも知れまへんな。 

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

CL72,CB72用のインシュレータ、16211-268-000の図面う

この時CL72を整備していて、インシュレータが割れていたのに部品が手に入らなかったので作りました。
CL72,CB72用、ホンダの部品番号16211-268-000。

その時ついでに4個多く作ってヤフオクで売っていましたが、ついに在庫が無くなりそうです、ですが作っても採算が厳しいので

せめて図面をこちらで公開します。必要な人はこの図面を使ってください。

2015年8月から2018年12月の間で売れたのは4個です。少ない!

製作当時の記事を自分で読み返すと、当時からこういうものの製作が貧困の原因と気付いていたようです。
「利益なき繁忙」だと。
しかしながら、削り出しのボールペン、MechaSEAを作ったことで少しお金の出所を変えることが出来ました。
ボールペンのコマーシャルのためになる場合に限って廃盤部品を多少は作ったり、図面を公開したり出来るようになりました。

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン