カテゴリー別アーカイブ: 宍戸さん

弊社が考える、最強コストパフォーマンスの事務用品群その2

忙しすぎて死んでしまいそうなので、
6月1日から、Mr.宍戸↓に弊社荒木エフマシン(株)に入社してもらいました。
金積んで。

パソコンは用意できたので、
事務机も新調することにしました。
起業当初、各自学習机を持ち寄って事務所の体にしたのですが、
まだ2個残っています。
(因みに極初期の数カ月間はコタツでやってた時期も。)
その机のうち一個を捨てて新調品に換えました。

事務机と言えばこういう右側に引き出しが付いた奴がオーソドックスですが↓

 

今日び、事務作業なんてパソコンでやる作業が大半です。
ということは右側はマウスのスペースとして、左側はモノを置く
スペースとして使用したいので、左側の方に大きいスペースが欲しい。
だから引き出しは左側に欲しい。

調べたけど左側に引き出しの付いたものは無かったです。
「左利き用 事務机」「ジミヘン 事務机」
で検索しても出てこない。
多分、「神様はサウスポー 事務机」で検索したところで無理でしょう。
両サイドに引き出しという物はありましたが。

なので、いろいろと安くて良いものを検索した結果、
ミーティングテーブルと引き出し単品でいけば最強という答えを出しました。
今回買った机はライオン事務機のこれLBS-1260。
商社はモノタロウ。
もう少し大きいのが良い場合はこれLBS-1890、が良いと思います。

引き出しはCehaのサイドキャビネット
JANコード:4560258444538
商社はアスクルです。

ただ、ミーティングテーブルは高さが700mmなので少しだけ低いので、
40mm角の規格パイプをアマゾンで買って

30mmハイリフト加工して使用しています。

足は軽くたたけば抜けます。

背の高い人は机の天面が730mmぐらいがベストではないでしょうか。
私、荒木、背は180cm弱で割と高い方なのですが、
思いっきり高い机を使ってみたいと思い、
一度800mmぐらいにしてみましたが、肩凝ってもうて四十肩になってもうて骨折よりも痛かったので、
730mmから高くても750mmぐらいが良いですね。

椅子はヤフオクでアームレスト付きの中古を買うのが得策です。
20万円ぐらいの椅子が2万円ぐらいで買えます。
多分アームレストがあると机に当たって使いにくいので安いのでしょう。
買った後で外せば良いのです。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

弊社が考える、最強コストパフォーマンスの事務用品群その1

忙しすぎて死んでしまいそうなので、
6月1日から、Mr.宍戸↓に弊社荒木エフマシン(株)に入社してもらいました。
金積んで。

ので、宍戸さん用の事務用品一式を揃えることにしました。
要はパソコンと机ですね。
パソコンは今使っていない、core2duoのパソコンのケースと電源とグラボを使って他の中身を新しい奴に入れ替えました。
SSDは爆速のM.2を使用。
家庭用のパソコンだと、iphoneのバックアップに何十ギガもバコーン使われてしまうので、今日び500ギガは必要ですが、
仕事用の場合、でかいデータは中央に置くので、250ギガを使っています。

モニターはアマゾンで売っている、韓国直輸入、説明書もハングルの4K、PBP機能付き32インチモニタ。コンセントの形も韓国仕様なので、変換が付いています。

先日買ったLGの42インチは4画面にしても1個当たり21インチなので
見やすかったですが、
32インチはさすがに4画面にすると1個が16インチで小さいので2画面にしました。
これで快適です。Win7を入れたらOSがCPUに対応していません的なことを言われた揚句、プリンターが動作しなかったので、追加でWin10も買うはめになりました。
Win7稼働中Win10のインストールディスクを入れたら、
入れてたofficeも設定も何もかも引き継がれてそのままWin10に昇華しました。
おそらく、Win7が無償アップデート扱いになったようで、
Win10のシリアルは温存された模様。

パソコン10万円強、モニター5万円弱でした、
DELLとかで同スペックを買うとパソコン単体で30万超なので
このスペックにしては安く上がったと思います。
しかし、仕事で使うパソコンを何の気兼ねもなく自作パソコンに出来るのは
起業して良かったと思いますね。

これでいきなりちゃんと仕事出来ます。

しかし、木川氏と宍戸さんと私、3人とも同じ大学の先輩後輩ですが、3人机を並べて設計の業務をガーッやってます。
卒業した時点では予想だにしていなかった光景。
笑ろてまう。
次回へ続く。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン