カテゴリー別アーカイブ: スズキGAGの鬼ビモータレプリカ

GAGをビモータSB6レプリカに_KSR用ステムの製作3

KSR用ステムキットの製作。(これをGAGに取り付けます。)
本当は232mmの板が届き、そのまま加工出来るはずだったのですが、
2232mmの材料を頼んでしまったので申し訳ないが、30mmも厚みがある板を、
コンターで切ってもらい、生産を進めてもらいました。
無論、誠意を持って謝罪しました。

純正の25mmに対し、厚みが30mm近くあるので、フォークをクランプするボルトは純正のM8ボルト1本から変更し、M6ボルト2本でガッチリ止めています。

材質は
アンダーブラケット・・・A2017
ステムシャフト・・・A7075
を使用しました。

ステムはロングドリルを通し中空。
ハンドルロックの溝を掘り、ちゃんと純正のハンドルロックを使える構造としました。角度を合わせる必要があるので、ちっちゃいキーを入れて角度を合わせています。


さすがジュラルミン。純正の鉄に比べるとめちゃくちゃ軽く仕上がりました。
裏の肉抜きは徹底してごっそりやっています。ほとんど肉を取ってしまっています。


重さ比較。
純正↓
1484g(秤ひとつじゃ重量オーバーで量れなかった)

ウチの製品↓
752g
半分!

一応こちらも秤2個で確認、ちゃんと電子天秤1個で量っていた時と合っていたのですが、片方がテカッて見えない。すみません。

ちなみに。
純正の裏側。結構肉抜きされています。恐らく鍛造製でしょうね。

ビモータSB6レプリカのトップブリッジと合わせるとこんな感じです。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

GAGをビモータSB6レプリカに_KSR 用ステムの製作2

GAGのビモータレプリカ用、とKSR用のパーツとして発売するために、
アンダーブラケットの材料を手配しましたが、

ひと桁間違えて発注してしまった。マジでやってもうた。
232mmところを、2232mmで発注してしまった。
何回メールを見直しても2232mmだ。

びっくりするほど長い厚み30mmのアルミが大量に届いていた。

マジか。
確かに全部売れるとしたら、一個分は安くなるけども。
ステムシャフトの在庫分の14個作って完売したら終了にしようと思っていたのですが、継続生産しなさいということなのですかね。

作業場の入口を塞いでいるこの超ロングの材料を眺めつつ、私の脳内ではこの曲が流れていました。大概、こういう状況ではこの曲です。

ショック。

まあええけど。
ということでこのステムキットの重さの件は更に次回。すみません。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

GAGをビモータSB6レプリカに_KSR用ステムの製作

GAGのビモータレプリカ化、3Dスキャンをしたりして車体の設計を進めています。
フォークまわりはKSR用を流用するので、トップブリッジはKSRに合うようにサイズを小さくデフォルメしたものを完成させていました。
(その時の記事)バンデ250直してた時やわ・・・

アンダーブラケット(三又とかトリプルツリーとかステムとも言う)も当然KSR用を使うのですが、ウチの商品をそのまま使おうと思っていました。
しかし、それは開発作業は終わったものの、ずっと量産の段取りが滞っている因縁の商品、品番KSR-STM1、JANコード4580393560702。

車体の製作が終わってから作ろうかと思っていましたが、
ありがたいことに製作可能ですかとのお問い合わせを一般のお客様からいただきましたので、今週、ついに製作することにしました。

ネックだったのはピョコっと出たヘッドライトステーとハンドルストッパー。
これを一体化して削り出すとめっさめさぶ厚い塊から作らなあかんようになって切り粉モッサモサになってしまいますのでネジ止め別体としていました。
けど、何の変哲もない四角いブロックだと売り物としてどやねんとなりますので、削りを入れて凝った作りにしていました。この様に↓
表削って裏削って縦に向けてタップ空けてとこれの冶具を作るのがネックだったのですが、
もうこの際、ウチが採用している「トヨタ生産方式一個流し」に違反して「まとめ多数個取り」にしました。
そしたら一瞬で木川さんが作ってくれました。
販売個数が一定以上無いと一個流しは厳しいですね。

ステムシャフトの部分はだいぶん前に外注さんに作ってもらって
在庫があります。軟鉄より硬いアルミ、A7075製です。

ゴージャスに真ん中にロングドリルを貫通させて中空としています。
軽いでっせ。
重さを測ってみたら驚愕の軽さでした、それは次回に。
長いので次回に続く。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク