カテゴリー別アーカイブ: 電子工作

オフィスによくあるDellのスリムタワー、OPTIPLEXを改造して3DCADを動かす。

私、パソコンはいつも大体、10万円~15万円ぐらいでバラで部品を買ってきて
自作パソコンを組んでいます。
言うてあんまし詳しくないのですが。
グラフィックボードは、特に選ぶことなく、2万円ぐらいの物を使っています。
最近だと、GEFORCE GTX1050TIがそれぐらいの価格帯です。

しかし、今は訳があってDELLのOPTIPLEXのスリムタワーをあてがわれています。
これで、ソリッドワークスを動かすのですが、
外注案件の部品点数が5000を超えるクソデカいアセンブリを動かすにはクソ重い。オートキャドも重い。

なのでクローンのソフトを使ってHDDをSSDにクローンして換装し、CPUをcorei7のKに交換、メモリは8ギガ2枚で16ギガにしていました。

あとはグラフィックボードですが、
言わずもがな、普通サイズのランボルギーニみたいな形のグラフィックボードは入りません。
ロープロファイルと銘打ってあるものしか使えません。

しかし、ロープロファイルと銘打ってあるものでも、厚みがいろいろある。
1050Tiのロープロファイルのグラボは厚みが2列分で入らなかった。
なので苦肉の策でPCIExpressの延長ケーブルを買ってケースの扉半開きかつ、むき出し外付けするという、仰々しいビジュアルで使っていました。
作業中は基盤の裏側に導電物を接触しないよう、細心の注意が必要です。

結構探しましたが、ほんまにこのパソコンに入るGEFORCEのグラボはもうワンランク下の1030Tiのやつしかなかった。

で更に調べていると、同じnvidiaでもGEFORCEでは無く、Quadroっていうシリーズがあることが分かりました。

このシリーズの下の方のランクのやつは、ロープロファイルで薄い。
スリムタワーでも入ります。
しかもCADとかCGとかをやるには何やようわかりませんが、OpenGLに対応しているのでこっちの方がスペック低くても速いそうです。

P600というやつを買うてみました。

出力はminiディスプレイポート。4つも付いています。
4KでPBP出来るディスプレイで4画面表示する野望はこれひとつで叶えれそう。

ロープロファイルのパソコンに付けたいときは金具を変えます。

買う前に接続がminiディスプレイポートということは知っていたので、ちゃんとそれ用のケーブルを買っていたのですが、なんと変換アダプタが、グラボ自体に付属していました。買わんで良かったやん。

で、組んでみましたが、ちゃんと入りました。写真の真ん中当たりのP600って書いてあるところです。
もうひとつ上のグレードのP1000も同じサイズなのでスリムタワーに入ります。

結論。
オフィスで良く使われている、dellのスリムタワーOPTIPLEX。
これでCADを動かす羽目になった場合。

256G以上のSSD(サムソン製だとソフトが付いてきて移行が楽。)
8ギガのメモリ2個、片方は当たるのでフィンを外す。
corei7のk
nvidiaのQuadroのP1000
を、入れれば使える。
OSを入れ直す必要も無い。

以上。
遅いパソコンを使っていたら時間がもったいないので、やってみて下さい。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
削り出しのボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

ツインファミコンの修理

長年の懸念事項だったツインファミコンの映像端子の修理に着手しました。


ツインファミコンはファミコンとは違い、RCA端子を採用しているので、地デジのテレビでも映す事ができます。

しかし、半田の強度が弱く、長期間のガキ共の抜き差しには耐えきれず接触不良になります。


裏面のネジを全部外すと簡単に分解出来ます。


これが端子、


半田が割れていました。

盛ります。

しかし、フリーハンドな基盤パターンですな。ギターアンプの回路みたい。


あとは元に戻すだけ。

カセットスロットも交換したいなあ。ディスクシステムのベルトが経年劣化で切れていたのでこれはヤフオクでリプロ品があったので発注しました。

取り敢えずカセットはプレイ可能に。

久しぶりにロックマンやったらめっさ難しい。連射機要るわこれは。

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン