「SR400、500」カテゴリーアーカイブ

ウチのボールペンがカービューの記事になってる!

https://motor-fan.jp/article/10008885

*追記 カービューはヤフーがやってるニュースのまとめサイトですね。
本家の記事はモーターファンでした。リンクを差し替えておきました。


ウチのボールペン、カービューで記事になってる!

ありがとうございます!

GAGをビモータSB6レプリカに_3Dプリントはベリーエクスペンシブ

弊社荒木エフマシン(株)が、2019/03/22~3/24の東京モーターサイクルショー2019(公式サイト)に持って行くものは
このGAGベースのSB6

乾クラ+ターボのSR500

ウチの誇る削り出しボールペン、MechaSEA(メカシー)

です。
GAG→Mini SB6は
リアサスのリンク比が決まったので、フレームとスイングアームの3D図が完成しました。

流石にアルミでホンマもんを作る時間的余裕は無いので1/1で3Dプリントにしようと思ったのですが、有名どころのDMMに見積を取ったところ

一番安い素材、ナイロンで驚愕の90万円!
あかんっ!

おそらく何日もマシンを占有してしまうのでしょう。
ならばと高さを抑えるために切り刻んでバラバラにして見積ると

23万円。うーん、まあ高いけどしゃあないかとスイングアームも入れてみると

33.5万円。
うーん、うーん。
まあええ。しゃあない。これでハンマープライス。
と思い、発注したのですが。
発注後、連絡が有り、納期が東京モーターサイクルショーを超えそうとの事でした。グラフィック社とか、その他の業者も見積しましたが納期がだめでした。
中華の3D打印服務中心にもチャレンジしたかったのですが、時間と体力が無いので断念。

大きいサイズのプリンタなんてガラ空きだと思っていたんですけどそうでもないみたいです。
3Dプリント屋さんって仕事詰まっているんですね。儲かってそう。
ということで実際やってみて色々と3Dプリントについての情報は得られましたが、1/1の3Dプリントは断念。
1/1のGAGがプリントされている垂れ幕と縮小版の模型を製作することにしました。

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。
  • アマゾン