GAGをビモータSB6レプリカに_3Dプリントと垂れ幕

前回、(こちら)縮尺1/1での3Dプリンタ出力は残念ながら叶わなかったので、ちっちゃい奴を木川さんが3Dプリントで作ってます。
これをブースに展示しようと思っています。

今日びの3Dプリンタはかなり解像度が高いですね。

しかし、GAGのエンジンは、実用車「バーディー」と、共通ということもあり、縮小しても生活感を帯びていますね。

宙ぶらりんな形状はこんな風にサポートを付けて出力し、後で刈り取ります。

因みにこのパーツ群、この日らへんの投稿で3D図を配っていますので、そのデータを使っていただければ、誰でも3Dプリンタで出力できますよ。
この3Dデータは商用利用して頂いても結構ですが、利用する場合、弊社のボールペン、MechaSEA(サイトはこちら)を買ってくださいね。

プラス、当日販売するために持っていくMechaSEAの製造も並行してやっています。
このペンの製造工程は、まだまだ手作りの部分が多いので大変です。

1/1の3Dプリントアウトフレームを展示するはずだったところには、1/1の垂れ幕を展示します。こちらは宍戸さんがアルミフレームで衝立を作ってます。

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。
  • アマゾン

2 thoughts on “GAGをビモータSB6レプリカに_3Dプリントと垂れ幕

  1. おはようございます。
    スケールモデル版gag/SB6がカッコ良すぎです。
    垂れ幕の出来もすごくて会場では目を引きまくりですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です