GAGをビモータSB6レプリカに_足回りの設計12、NSR50の部品達を3D図起こし

GAGに使うために買いまくったNSR50の純正部品達。

ボルト、ナット、ワッシャー、カラー、など単純な形のものが多いので一挙に3D図化しました。

結構3D図内が散らかってますけど・・・
描いた奴は下記でダウンロードできるようにしました。
拡張子はIGSとPARASOLIDとSOLIDWORKSです。

そんなことをやっている荒木エフマシンが本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。
  • アマゾン

2 thoughts on “GAGをビモータSB6レプリカに_足回りの設計12、NSR50の部品達を3D図起こし

    1. いえいえ、ありがとうございます。
      ジャンジャン作業進めます!
      最終的にこのデータを3Dプリントすれば、プラモデルに出来てしまうかも?知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です