GAGをビモータSB6レプリカに_フロント足回りの設計2、イオンタウン内で

昨日(20181021)に初めてイオンタウン姫路内にあるコワーキングスペースしんぷう
にて、

道ゆく人から見える位置でGAGのビモータレプリカの改造の設計を始めました。

大阪モーターサイクルショーのために買った、50インチのモニターを持ち込ませてもらって、そこにPCの画面をクローンで映して設計してました。
俯瞰図はこんな感じ。↓
通路から良く見える位置にモニターを設置して設計していました。

今日は2日目ですが、はじめての試みなので今日はレイアウトをちょっと修正。

場所がショッピングモールなので、思ったよりも生活感があふれてたので、

通路からバーン見える位置にモニターを置くと異質感が強すぎる。
し、しんぷう自体が意味わからんスペースに見え過ぎる。

なので今日は一歩入ったところで通路から見えなくもない場所に席を移させてもらいました。
ここでやります。

告知をしたのが前日だったこともあり、昨日はウチを見に来た人は居なかったんですが人通りのあるところで常設公開作業出るのはよろしいです。
しんぷうの利用料が安いのでこんな感じでここでの公開機械設計、しばらく続けます。

因みに今日は足まわりに必要なもの、

ブレンボの「レーシング」のキャリパー、KSRのフロントフォーク、KSR用のブレーキローターを描こうと思います。
以上、よろしくお願いいたします。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です