GAGをビモータSB6レプリカに_GAGを50mmロングストロークかつセル付きにする方法16

セル付きバーディー用のジェネレーターカバーをボールドで「ぽん!ヌ」言いながら洗って

塗りました。

がしかし。地肌に直接メタリックを塗ったところ、下地が透け透けになってしまいました。

急遽シンナーで拭き取り、

一旦白を塗ってからメタリックを塗ることに。

結構綺麗になりました。
硬化剤にはバンパーを塗装する時用の柔軟硬化剤を使って薄塗りしたのでネジを締めてもひび割れないと思います。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

GAGをビモータSB6レプリカに_GAGを50mmロングストロークかつセル付きにする方法16」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、ご無沙汰しております。
    年度末はやはりお忙しそうでモーターショーにGAGを出品出来なかったことは残念でした。自分も4月に入れば少しは落ち着けるので夏頃までには顔を出せる予定です。

    1. Nomuさんどうも御無沙汰しております。
      今、液晶の製造装置の設計委託をやっていますが、えぐい受注状況となっており、
      GAGの進捗が悪くすみませんでした。
      いつでもいらっしゃってください。
      お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です