溶接延長ラチェットレンチ

ラチェットにタップ切った板を溶接して延長しました。

単車のフォークと合体しています。クロムメッキは剥がさなくてもそのまま溶接出来ます。
ボルト結合なので取り外し可能。

多分ラチェットヘッドの部分はすぐ壊れるでしょうが、その時はここをサンダーで切り取って新しい奴に溶接すれば良いのです。

ちなみにプレート部分を作ったのはフライスですが、ウチのフライスはヤフオクでインバータを買うて取付けてます。それによって逆転も可能になっています。
タップ開けるときはめっさ便利。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
削り出しのボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です