私がNSR250を直している後ろで自家アルマイト

こないだ私がNSR250直してた
その後ろでねるねるねーるねのオバハンよろしく自家アルマイトしてた木川氏。加工品の発注を受けたのですが納期が無くて、アルマイトを外注してたら待ってられないので自分でアルマイトしたのですが

そのついでに氏のペンもアルマイトしてました。
唯一の黒アルマイト仕様。

Shinya Arakiさん(@arakifmachine)がシェアした投稿 –

自家アルマイト、むっさ時間かかるんですよね。ちょっとやるだけでも半日かかってしまう。
量産品にアルマイトをかけるなら自動アルマイト装置が必須です。10年以内には作りたいと思っています。カラーがカートリッジで一瞬で交換できて段取り工数が極小で多品種に対応したやつを。
その前に生産能力の増強が目下の課題なので頑張って冶具を作りまくらないといけませんが。

弊社ボールペンMechaSEA(メカシー)をお願いいたします。

荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
削り出しのボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です