ビッグターボSR400、結局まともに動いているSR500を犠牲に。

大阪モーターサイクルショー2017にターボのSR400を作って出展するために、木川さんのリクエストでクソでっかいタービンを買ったんですが。

当初、「最近のバイクはインジェクションなので、キャブに比べ、デフォルトで燃料が加圧されているので、ターボにしやすいからインジェクションのSRをベース車に使おう。」ということで、
この↓車検のないインジェクションのSRを改造するつもりだったんですが、いろいろとノーマルパーツが付いているのでめんどくさいし、第一に、もう時間が無い。と言うので

結局、まともに走るし車検もまだある↓このキャブのSR500乾式に手を出してしまうことになりました。

まじですか。
インジェクションの400はもうすでに乾式クラッチ化に取りかかっていたのに・・・
まあ、ボールペンの生産でNCがフル稼働してしまっているので乾式を作るのは難しかったですが。

またひとつ、まともなバイクが不動車になってしまうかもしれません。

ターボの担当は、木川さん
乾式クラッチの担当は荒木です。

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です