ツインファミコンの修理

長年の懸念事項だったツインファミコンの映像端子の修理に着手しました。


ツインファミコンはファミコンとは違い、RCA端子を採用しているので、地デジのテレビでも映す事ができます。

しかし、半田の強度が弱く、長期間のガキ共の抜き差しには耐えきれず接触不良になります。


裏面のネジを全部外すと簡単に分解出来ます。


これが端子、


半田が割れていました。

盛ります。

しかし、フリーハンドな基盤パターンですな。ギターアンプの回路みたい。


あとは元に戻すだけ。

カセットスロットも交換したいなあ。ディスクシステムのベルトが経年劣化で切れていたのでこれはヤフオクでリプロ品があったので発注しました。

取り敢えずカセットはプレイ可能に。

久しぶりにロックマンやったらめっさ難しい。連射機要るわこれは。

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です