カテゴリー別アーカイブ: MECHASEAのボールペン

SR400用乾式クラッチ当選車の一部始終その6、キャブセッティングデータ

組む途中で気が付いたインシュレーターの崩壊にも対処し
エンジン組んで積みました。
ピストンは純正400用のハイコンプ仕様です。


クランクを交換したので当然キャブセッティングが必要です。
古めのSRはずっと400ccと500ccを並売していましたが、この年式、RH01Jでは500の製造は終了しており、400のみになってます。

ここが悩みどころで、同年式の純正の500用のキャブを付けるのがポン付けで楽なのですが、この年式にはもう500は無い。
年式違いは許すとして、新品で買ったら社外品に匹敵するほど高いし部品が出るか分からないし、中古を買ったらボロいし、スロットルとか負圧取ってそうなパイプとか細かいところが合うかどうかわからないし。


CRはセッティング難しいし、FCR、TMRは高いしマニとかいろいろと周辺機器を買わないといけないし。
と、なかなか安い金額でなんとかするのは難しいんです。

しかしながら過去の500と400の口径を比べると、排気量は100ccの差があるのに口径は大して違いません。なので↑キースターの燃調キットFY-5156Nを買ってセッティングしてみることにしました。

キースターの燃調キットはかなり親切な説明書とかなりたくさんのオーバーホールパーツとセッティングパーツが付いて来ます。

いろいろセッティングした結果、まともに走るようになりました。

スロージェットはそのまま
ジェットニードルY523-RR、クリップ上から2段目
メインジェット165
です。

全開の吹け切り付近でボコつきは残りましたがまともに走るようになりました。
吸排気系は
エアクリがK&Nのパワーフィルタ
マフラーはスパトラです。
ピストンは先ほども書きましたが純正400用でハイコンプにしています。
RH01Jのクランクを交換するときは参考にしてみてください。
この方法だと格段に安いし結構調子が良い!

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

SR400用乾式クラッチ当選車の一部始終その5

エンジンのサイドカバー類は黒塗装とのことでしたので黒く塗装しました。

エンジン部品なので油ぎってたので洗濯石鹸で洗いまくってから塗りました。
こういう砂利が飛んでくる部分は薄塗りの方が塗膜としてはひび割れたり欠けたりせず、強いです。

以前、飛行機の塗装ラインに居た時、塗膜の膜厚指定がありました。
その値が3μmだったのですが、実際に3μmに塗った品物を見ると下地透け気味なのにええのかな?と思うほど薄かったです。
上空で氷の粒に当たりまくった時、厚いとヒビ割れになるそうです。
航空機の材質はアルミかカーボンですが、アルミの場合は、当然強度に優れ、サビまくる7000番台を使用しているので塗装がひび割れると信頼性が下がることになります。
うまい塗装職人は艶が出てるけど厚くならないギリギリのところで塗っていました。

塗装のプロの方にとっては当然のことだと思いますが、塗装ガン洗い用のシンナーは荒洗いと仕上げの2槽を用意するときれいに洗えます。
シンナーは石鹸と違って薄めることしかできないので。

 

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン