カテゴリー別アーカイブ: SR400、500

SR400用乾式クラッチ当選車の一部始終その4

乾式クラッチの組み付けと同時にクランク交換の依頼を受けておりましたので、
オーナーさんから預かったクランクを組もうとしたところ、コンロッドのサイドクリアランスが異様に多い。

定規が入るほどに。サービスマニュアルに記載してある限度値を大幅オーバーしていました。
コンロッドベアリングガタはほとんど無かったのでなぜここだけクリアランスが広いのか謎です。

因みに外寸は規定値内。

ベアリングのガタが無いとは言え、これを組むのはリスクがあるので、うちでストックしていたものを使うことにしました。

SRのクランクはジェネレーター側のケースのベアリングに軽圧入されています。
ですので、こういう冶具でグググと抜いてやる必要があります。

バラシついでですので、換えれるゴムシール類は換えておきました。

 

 

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

SR400用乾式クラッチ当選車の一部始終その3

弊社ボールペンMechaSEA(メカシー)をPRするために企画させていただいた、
SR400,500用の乾式クラッチプレゼント。作業レポートその3です。

乾式クラッチ化と同時にクランクシャフトの交換作業も依頼して頂いたので、エンジンを降ろして、クランクケースを割ってクランクシャフトを交換します。

クランクケースを割ってもフライホイールを外さないとクランクシャフトは取れない。なのでアストロプロダクツとか、ストレートで売っている、特殊工具を使ってこれを外します。
しかし、原付とかよりSRのフライホイールはゴッツいのでテーパー嵌合がきつくて全然取れない。
雄ネジが圧縮されて損傷していまいました。
けどこれにはちゃんとリカバリー方法があります。

雄ネジを切り取って、雌ネジを切ればいいんです。
今回はクランクを交換するので雌ネジを切る作業はしませんでしたが、エンジンを車体に載せたままでも可能です。
大きな声では言えませんが、クランク交換後にはキャブセッティングが必要です。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシン製品のご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン