明日のJr’Sクラブ杯ジャンケン大会にウチのMechaSEA寄贈します。

明日のJr’Sクラブ杯ジャンケン大会にウチのボールペンMechaSEAを一本寄贈します。

  • ヤフオク

シリアル番号は65番。

前日の今頃になってヘルメットやつなぎ等をごそごそ準備しております。

明日はよろしくお願いいたします。

MechaSEAは野郎の夢にコミットする!第一回目のレポートに行って来ました

MechaSEAは野郎の夢にコミットする!
ということで

先日、今シーズンMechaSEAがスポンサーをすることになった安達勝紀選手とレーシングチームK’SWorksですが本日初レポートに行って参りました。

というか、私(荒木)、おそらく岡山国際サーキットに行くのは10年ぶり以上。
久しぶり過ぎて結構、その間の変化にビビりました、めっちゃきれいになってますやん。その辺も合わせて、レポートしたいと思います。

レースは明日(7/9)なので、今日は前日。練習走行と受け付けと車検でした。
練習走行は30分ぐらいずつ時間が区切ってあって、各クラスに分かれて走ります。この辺は今も昔も同じなのですが、全然違ってたのが、データロガー。
10年前にはあまり持っている人が居なかったと思うのですが、
私、恥ずかしながら長年バイクの改造をやってて初めてちゃんと見ました。
これ、めっちゃいい。
事細かに走行中のスロットル開度やA/Fなどデータを見れるようになっているので、ライダーとしてはいろいろセッティングをいじっている時、ビフォー、アフターがめっちゃわかるんですね。
数値で。

例えば安達さんだと、今日は高速コーナーのセッティングを決めたかったらしく、1コーナーと2コーナーのあたりのデータをチェックしていました。

なぜ高速コーナーかというと高速コーナーの速さが一番タイムの短縮に効くから。
(仮にヘアピンに合わせたサスセットにした場合、柔らかすぎて1コーナーではブレまくってスロットルを戻さざるを得なくなってしまう。あの長い区間をゆっくり走ったら当然タイムは落ちてしまう。)

途中通り雨が少しだけ降ったりしましたが、セットはそこそこ決まった模様です。

うちはうちで、走っているところを撮るのは一眼レフじゃつらかったので今日急遽ハンディのビデオカメラを買いました。


さて明日どんな結果が出るのか、楽しみです。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシンのバイク用カスタムパーツのご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン

そして私はKSR110で7/16jr’sクラブ杯に出ます

安達勝紀氏にスポンサーすると決定した荒木エフマシン並びにMechaSEAですが、
自分でもレースに出ます。
2017年7月16日、キャピタルスポーツランドにて繰り広げられる、ジュニアズクラブ杯に。

車両は中古で買ったボロいKSR110にヤフオクで中古のカスタムパーツを買いまくってきた仕様。

この車体の元々の購入理由はいろいろ回転バランスを計算してKSR用の軽量クランクを作ったはいいけど、
KSR110の車体がウチに無く、テストできなかったので1台走行可能な車両が欲しかったというもの。
ちなみに、クランクの形状はこの形状に決めました。
↓↓↓

レースに出るにあたり、トラブらないよう、サイドスタンドは取り外して、サイドスタンドに来ていた配線を短絡させました。

キャブはFCRが付いています。これは高かった。くるおしいほどに。

軽量クランクにしたらどんな音になるのか見たいと思うので、
動画でぐだぐだ解説してみました。↓

ステムシャフトはこないだ発売した超軽量のこれです。
↓↓↓

 

頑張って参ります。

そんなことをやっている荒木エフマシンが
本気で技術を投入して作った
メカニカル極まりないボールペン、
MechaSEA(メカシー)は
アマゾンとヤフオクで販売しております。
下記よりお買い求めいただけます。
画像をタップ orクリックで販売ページにジャンプします。

  • ヤフオク

荒木エフマシンのバイク用カスタムパーツのご購入は下記へどうぞ!
タップorクリックで販売ページにリンクします。

  • アマゾン